コンピュータの最近の記事

WWDCのストリーミング見ていましたが、噂されていたARM系CPUの「Apple silicon」へ移行する事が発表されました。

Apple-silicon.jpg

1984年にモトローラ MC68000を搭載した初代Macが発表。

1.-Macintosh-1984-600x420.jpg

モトローラMC68000は、日本ではセガのメガドライブ、SNKのネオジオ、シャープのX68000に搭載されました。
ゲーム系によく使われたプロセッサーです。

EKLhTW1U0AAk9RI.png

あと現在のmacOS、iOSの原点であるNextStepも68000系CPUでした。

Figura1.png

しかし、68000系CPUは後に行き詰ってしまい、
1994年にIBMとモトローラ、Appleが共同開発したPower PCへ移行しました。

my-first-mac-power-mac-7100.jpg

IBM_PowerPC601_PPC601FD-080-2_top.jpg

PowerMac登場時は、AT互換機 + Windowsが急成長している時期でした。
ちなみに自分が初めて購入したMacはPowerMacintsh 7200/90でした。
PowerPCは4世代あり、スティーブ・ジョブズ氏が復帰した後に登場したPowerPC G3世代からメジャーになっています。

imac.png

PowerPC時代にクラシックMacOSからMax OS X(現在のmacOS)に移行が行われました。
Mac OS XのベースとなったOpen Step(Next Step)は、Intel CPU用ですがPower PC系用に移植されました。
このIntel CPU用だった事から後にIntel系CPUへの移行を後押しする事になります。
PowerPCはG4時代とG5時代に停滞し、Intel系のAMDとの争いで急成虫する中遅れをとる事になります。
あと実質Mac専用で高コストだった事も影響しました。
この結果、クラシックMac OSの心配が無くなった2005年にIntel移行が発表されます。

apple2_818.jpg

開発者向けには「Developer Transition Kit」が$999で貸出でした。

intel-developer-transition-kit1547421151156.jpg

その後、現在状況を作り出す要因が発生しました。
iPhoneです。これに搭載されるiOSはMac OS Xベースで作られていました。

01.jpg

そしてiPhoneとAndroidが急速に普及し、2010年代はARM CPUの時代となって行きます。
iPhone、iPad、Apple TV、iPod touch等は全てARM CPU搭載でmac OSの派生でした。
PCの市場は2000年代に5GHzの壁に当たり、近年はCore iシリーズのパフォーマンスの伸び悩みがありました。
その状態から今回のApple siliconへMacを移行させる決断に至ったのだと思われます。
今回も移行ハードである「
Developer Transition Kit」が発表されました。

2020-06-25.jpg

今回は$500と入手しやすくなっていますがAppleが選定したデベロッパーのみの様子です。
さて、Apple siliconへ移行で気になるのはMac用プロセッサーはどうなるかです。
A12Zは4コアVortex 2.5GHz と 4コアTempest 1.5GHzの8コアCPUです。
スマホ用は消費電力が厳しいので、Mac用はその辺りのリミッターが解除されコア数を増やす形になるのではと考えています。
多分次世代のA14プロセッサーがMacも考慮されたプロセッサーとなるのではと思われます。

さてmac OSもついに10(X)から11ヘ進化です。

2020-06-23-03_35_20-apple-events-special-event-stream-apple-e3818ae38288e381b3e4bb96-8-e3839ae383bce382b8-e5808be4baba-microsofte2808b-edge.png

しかし自分の所有しているiMac、Macbook Proは共にアップデート対象外に。
買い替えの足音が聞こえてきます...。orz

UEFI相性問題その後

| コメント(0)

ダメな子認定なGateway FX6860-H76F/GLですが、使えなかったPalitのGeForce GTX 680 JETSTREAM 4GBですが何とか解決策が出来ました。
元々GeForce GTX 680はUEFIに対応していないのが多いはずなのですが、UEFIマザーで使用するためにUEFIにFirmwareを書き換える方法がある様子です。
ならば戻す事も可能なのではと調べて見ました。

GPU-Zで有名なTechPowerUpのサイト、ツールで出来る様子です。

TechPowerUp Video BIOS Collection

GPU-Zで現在のROMのバックアップを取り、NVIDIA NVFlash で上記サイトからダウンロードしたROMに書き換える形です。
UEFIのチェックの左横のアイコンをクリックするとメニューが出ます。

Palit_GFGTX680.png

サイトでPalitのGeForce GTX 680 JETSTREAM 4GBを調べたところ4件ありました。

vb1.jpg

その内のVBIOS Version: 80.04.47.00.08 をダウンロードします。

vb2.jpg

NVIDIA NVFlash で買い替えた結果は以下の通り。

fx6860h_gf680_gpuz.jpg

無事、UEFIを解除出来てGateway FX6860-H76F/GLで利用できました。
ちなみに調子乗って別のGeForceのFirmwareの書き換えで正常に描画されない場合に陥った復帰方法ですが、自分はリモートデスクトップで接続して元のROMに戻す方法で対策できました。
2台のPCがある場合はVNCやリモートデスクトップに接続して作業すればリスク回避できます。

2台目のGateway FX6860

| コメント(0)

メインマシンと移行したGateway FX6860-H76F/GLが問題児という事が判明して、どうしようかと考えていたら同じく電源ジャンクなGateway FX6860-A76F/G(Sandy Bridge世代)を入手しました。

fx6860a.jpg

電源BOXを交換して、GeForce GTX 980、HDDを付けて起動させた所、無事起動。
BIOSはP02-A2でした。

fx6860amb.png

試しにCPUをCore i7-3770に交換したところ起動しませんでした。うむむむ。

UEFI相性問題発生

| コメント(0)

先日、メインマシンとなったGateway FX6860ですが、思わぬ落とし穴があったことが判明。
事の発端は、旧メインPCのGateway FX6850から、MSI Radeon RX 570 ARMOR 8Gを移植した時です。

rx570.jpg

画面真っ暗で起動しません。
ならばと中古で購入していたELSA GeForce GTX 980を付けるとロゴは表示されるけど起動不能...。

gfgtx980.jpg

調べるとUEFI初期(Sandy Bridge、Ivy Bridge世代)の互換性問題でUEFIに対応したFirmwareだと、本体がUEFI BIOSだとUEFIモードで立ち上がる様子です。
これは本体側のBIOSを対策品にアップデートにすることで治る様子です。
純正のビデオカードをGPU-Zで確認すると

fx6860_gf660org_gpuz.jpg

確かにUEFIに対応していない。
ちなみにGatewzy FX6850では発生しないのですけど...。

現在のBIOSを確認するとP03-A4の様子。

mb.png

サイトを見てみると。

bios.jpg

P03-A3とP11-A3。
P11-A3をダウンロードしてBIOSアップデートを試みたところ互換性が無いためアップデートできないと...。
これは、最新のビデオカードが使えない落ち!?

使えるビデオカードは何かと調べて見たところ、GeForce GTX 6x0世代までらしい。
標準で搭載されているビデオカード以降は使え無い落ちとは...。
そこでPalitのGeForce GTX 680 JETSTREAM 4GBを購入して付けてみる事に。

gtx680_jetstream.jpg

付けてみるとGeForce GTX 980と同症状。
まさかとGateway FX6850に付けて確認してみると...。

gfgtx680uefi.png

ああ・・・、ダメなやつ・・・。orz
Ivy Bridge世代のGateway FX6860は問題児だぁ。

メインPCを更新しました

| コメント(0)

2011年末からメインPCは、Gateway FX6850で電源交換、ビデオカード交換、メモリ交換、HDD交換、WIndws 10に移行と使い続けてきました。

fx6850h78fg.jpg

まだまだパフォーマンス的に十分使えるのですが、ふとオークションで電源不具合の後継モデルGateway FX6860-H76F/GLを発見。

fx6860.jpg

入札されていなかったので入札してみたところ落札できました。
2012年末モデルですね...。見た目は一緒です。( ̄▽ ̄;)

変わったのは、
・Intel Core i7-2600(3.4GHz / Sandy Bridge世代) からIntel Core i7-3770(3.4GHz / Ivy Bridge世代)へ。
・メモリがDDR3-1333からDDR3-1600へ。
・USB 3.0がオンボードに搭載された。
・標準のビデオカードがGeForce GTX 480からGeForce GTX 660へ。
と、誤差の範囲内かもしれませんね...。

今のCoffee Lake Refresh世代の8コアCore i7や8コア16スレッドCore i9、DDR4メモリ世代と比較すると今のミドルロー程度かもしれませんが。

到着して電源BOXを新品に交換し、HDDを交換すると無事起動。
Windows 10 Proのアクティベートする為に一度Windows 7 Ultimateを入れたのちにアップデート。
(2019年8月現在でも無償アップデートは行うことが出来る)
無事Windows 10 Pro環境へ移行できました。
一度Windows 10の同じエディションにアクティベート出来るとHDD移植してもそのまま使えます。
ただFX6850のHDDに代替セクターが発生していたのでこの機会に2.5TBのHDDに変更するかと思っていたら、この時期のPCは2TB以上を認識しない。orz
MBRの問題ではなく、BIOS自体が2TB以上のHDDを起動できなくしていました。(汗
仕方なく、新品HDDを用意してHDDを複製しました。

とりあえず、これでもう少し頑張れるはず。

MacBook Proのバッテリー交換

| コメント(0)

MacOS Mojaveのアップデート時にMacBook Proのトラックパッド部がタップできない...。
この世代の特有のついに来たバッテリーの膨張です。
Amazonですぐ交換用バッテリーを注文して本日届いたので早速交換しました。
外したバッテリーはこんな感じ。

IMG_7793.jpeg

写真右側が膨らんでいるのが判ります。
これで買い換え時期までは頑張れるかな。

macOS Mojaveにアップデート

| コメント(0)

自宅で使用しているMacBook Pro 13 Mid 2012をMojaveにアップデートしました。
もちろんダークモードでw

mojave.png

macOS Mojaveにアップデート出来る最低ラインがMid 2012に。
実家に置いているMacBook Pro 13 Early 2011は対象外になってしました。orz
自分のMacBook Proも来年には対象外になりそうな予感...。
というか会社のお仕事MacもMacBook Pro 13 Early 2011だから買い換えの話しておかないと。(汗

お仕事用のPCを作る

| コメント(0)

会社でPCを購入依頼しても直ぐには間に合いそうでは無いので、安くビルドできるPCを作りました。
ヤフオクでGateway SX2870-H12D (Celeron Dual-Core G540、4GB RAM、1TB HDD、Windows 10)をゲット。
2012年前に発売されたモデルなので既に6年前です・・・。(汗
Windows 10であれば古くても使えます。

314l81dIIIL.jpg

Windows 10、Visual Studio、Unity、UE4を使うので、CPUとメモリのパワーアップは必要です。
CPUはCore i7 3770に交換です。

IMG_7220.jpg

交換しました。
4コア8スレッドなのでビルドには使えるはず。

2018-08-26.png

メモリも4GB x 2枚を追加して12GBに増量。
これで使えるPCになったはず。

新ロフトPC

| コメント(0)

iMacが死亡したので、新ロフト用PCを調達しました。
Gateway SX2370の中古です。

gateway.jpg

2012年のモデルなので既に5年前。
ただWindows 10 Proにアップグレード品なのと、前がCore 2 Duoで今回がAMD A6なのでベースは向上しています。価格も1万円以下ですし。
モニターもないのでこちらも購入しました。Benqの安いモニターです。
HDMIで接続してスピーカーも使います。

benq.jpg

あとはiMacを分解してHDDの取り出しですね。

iMac 24(2008)終了 orz

| コメント(0)

ロフトの寝るところに置いているiMac 24インチ(Windows 10)がついに死亡しました。orz

imac_main.png

電源が一切入らなくなりました。
10年物で、放熱効率が悪いモデルなので良く持ってくれたというべきか...。
Windows 7からアップグレードでWindows 10を入れていましたが、結構普通に使えました。
新しいPCが必要だなぁ...。

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.0.3

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちコンピュータカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはゲームです。

次のカテゴリはスマートフォンです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。