iPhoneの最近の記事

iPhone 14 Pro Maxがやってきた

| コメント(0)

iPhone 14 Pro Max 256GB ディープパープルを購入しました。流石に高すぎて分割ですが。(汗
新しいノッチの確認などもあり、iPhone 12 Pro Maxの後継としました。

箱です。

2022-09-26-11.17.43.jpg

開封後。

2022-09-26-11.18.23.jpg

ノッチに関しては色々と工夫されていて実際触ると演出的な凄さがすごいと思いました。
写真性能はiPhone 13 Proよりさらに向上していますね。
北海道ドライブ前に欲しかった,,,。

現状のメイン利用端末の構成は以下の通り。
iPhone 14 Pro Max : メイン回線(docomo/通信はUQ)
iPhone 13 Pro : サブ回線(au/通信はYモバイル)
iPhone 11 : お仕事SIM(docomo)

通話はメイン、通信はサブブランドという構成ですね。

さよなら楽天モバイル

| コメント(0)

楽天といえば改悪と言っていいほど利用していて後で得したと感じない企業です。(汗
楽天モバイルもついに1GB 0円を新プランで廃止しました。

rakuten.jpg

それはいいけど既存の契約者も新プランへ自動移行。
また0円は少し続くけど最終的には月額980円+税と
UQ(割引適用後)、ワイモバイル(2回線以降)、LINEMOなどと価格が負ける結果に。
せめてこのキャリアより安ければ選択肢としてはありだったかもしれないですが。
auのローミング終了が進んでいる現状では小容量利用者にはメリットがない状態です。
という事でお試しで契約していた楽天モバイル回線は解約しました。
折角なのでMNPの弾として使わしてもらいました。

iphone12.jpg

iPhone 12世代の値引きが凄まじすぎるのですが。
iPhoneも円レートで値上げしそうだし、
そろそろ過剰な値引きも制限入りそうだったので今のうちにとMNPしました。
グリーンが欲しかったのですが、流石に割引端末での選択肢にはなかったです。

WWDCで新iOS、macOSが発表されるのは毎年のことだったのでキーノートはリアルタイムで見ました。

wwdc_opening.jpg

まずiOS 16。

ios16.jpg

今回、iPhone 8以降になりました。iPod touchの対象外に。
2017年以前のモデルはバッサリ切ったともいえるかも。
iPhone 7は対応しているiPad 第5世代のCPUより上なので動かないという事はないと思われます。

iPadOSもバッサリ切ってラインナップがシンプルに。(汗

ipados16.jpg

こちらも2017年以降のモデルを対象にしています。
M1 iPad専用でウインドウサイズが変更できるという事でmacOSと近付く形に。
まあ、CPUが同じなのでいかようにもできるというところでしょか。

ipad.jpg

次にmacOS Ventura。

macos13.jpg

こちらもiOS 16、iPadOS 16と同じく2017年以降のモデルが対象となっています。
macOS Montereyが2013〜2015以降だったので結構バッサリ切っています。
2025年までにはIntel系Macが排除されるのかなと感じます。

ハードウェアでは、M2搭載MacBook ProとMacBook Airが発表されました。

まずM2搭載13インチMacBook Pro。
まさかのTouch Bar復活。Appleシリコンで消えたのかなぁと思っていたら。

M2MacBookPro.jpg

個人的に残念なのはUSB-C(Thunderbolt)ポートが2しかない事。
MacBook AirにはMagSafe 2が復活たのにこちらでは復活していない事。
13インチMacBook Proはマイナーチェンジなのかなとは思いました。

続いてMacBook Air。ついに初代デザインからの流れをぶった切りました。

M2MacBookAir.jpg

薄型ですが、MacBook Proのようなデザインになりましたね。
液晶も限界まで広げたノッチのあるデザインになりましたし。
MagSafe 2が復活した事で、USB-Cが充電以外に使えるようになりました。
M1 MacBook Airを利用しているけどUSBポートの少なさはハブを追加したりしてちょっと面倒。

他にも色々とありましたがハード寄りに書きました。
今回OSのサポート期間は5年という範囲にした印象です。
Macが5年のモデルライフが短いと痛いですね。

iOS 15.4がきた

| コメント(0)

iOS 15.4アップデートがきました。

2022-03-15 10.48.29.png

iPhone 12世代以降で、マスクをつけたままでFace ID認証が出来るようになった事。
アップデートして試したところ、確かに利用できました。
これでマスクつけている時に解除が面倒という事態は回避できるかな。

iPhone 13 Pro 入手

| コメント(0)

iPhone 13 Proが届きました。
朝8時にヤマト運輸の営業所へ行ったときに確認すると店頭で受け取り出来ました。
今回はApple Store版です。

iphone13pro10.jpg

箱のカバーのフィルムが無くなり、シールを開封する形に変更されています。

iphone13pro11.jpg

iPhone 13 Proとご対面。

iphone13pro12.jpg

付属品はマニュアルとUSB-ライトニングケーブルのみ

iphone13pro13.jpg

iPhone 12 Pro MaxとiPhone 13 Pro

iphone13pro20.jpg

ノッチ部分の違い。
実質差はない。(汗

iphone13pro22.jpg

iPhone X、iPhone 11、iPhone 13 Pro、iPhone 12 Pro Maxです。
iPhone 13 Proのカメラは大きいなぁ。

iphone13pro21.jpg

UQモバイル eSIM化

| コメント(0)

ドコモ、auのeSIM化はまだかなぁと思っていたら8月末に一気にやってきました。
ドコモ : 9月8日から
au : 8月26日から
UQモバイル : 9月2日から

という事で、UQ回線をeSIM化しようと思ったら色々と面倒なことが。
eSIMを利用する場合は、「くりこしプラン +5G」である事が必須との事。
現在、My UQ上で「くりこしプラン」から「くりこしプラン +5G」へプラン変更は出来ません。
この為、eSIMへの変更が現状オンラインからは出来ない...。
という事で、本日実家の近くにあるUQスポットへ行ってきました。

今回手続きして気が付いたのですが、新しい「くりこしプラン +5G」は従来のUQ管理ではなく、au管理上へ移行している様子です。
この為旧UQから新UQへシステム的にはMNPする形に。
ちょっと店員も初めての為の影響でミスもあり、時間かかりましたがeSIMと新プランへの移行がセットで出来ました。

2021-09-05-20.40.jpg

ただここでちょっと問題が。
端末上から携帯番号が表示されない。通話とネットは出来ます。
これは2時間後ぐらいに自然に直っていました。
次にログインIDが旧プランではUQ IDでしたが、新プランではau IDとなります。
au IDが有効にならない為、情報が判らない。
しかもこの回線元auなので、ごっちゃになっている可能性も。
これはau IDって翌日反映の可能性もあるので様子見となりました。

ちなみに店頭で手続きしましたが、料金はプラン変更扱いで無料との事。
手数料発生すると思っていたのですが、意外でした。
(ちなみにauは店頭でのeSIM発行は2,200円)

とりあえず、docomoの通信は使わず、UQで通信する形に変わりました。

iPhone 12でeSIMを使ってみる

| コメント(0)

iPhone Xs以降は、eSIM対応しているのでお試し期間中(無料)の楽天モバイルをiPhone 12 Pro MaxのeSIMに登録してみました。

おお、キャリアが2つ表示されている。

2021-06-13-22.03.png

データ通信は楽天モバイル(副回線)で、データ通信以外はドコモ(主回線)としています。

発信する場合は、どちらで発信するか選択できます。

2021-06-13-22.04.png

これは使える。
とりあえず、ドコモは「5Gギガライト」なのでコスト削減では無料終了してもこの状態が安く済むかも。

ただ最初、eSIMを設定するとドコモのSIMが圏外になる問題が発生。
あれこれ試したけど、圏外問題が解決せず...。これやっちまったか...。( ̄▽ ̄;)

ネット調べてみるとリセットすると解決するという事で、バックアップとってリセットすると無事認識。
2回線使えるようになりました。
ただリセット後にeSIMを認識させるためには再度プロファイルを入れなおす必要がある為、ちょっと面倒。

勢いに乗ってワイモバイルもeSIM化して、客先から緊急連絡用に貸与されているドコモ回線のSIMを付ければ持ち運ぶ個数が減ると思って付けてみた所こちらも圏外。
しかもリセットしても圏外。5G契約のdocomo SIMを付けても圏外...。何故だ...。
原因不明で調査中。

ちなみにeSIM対応は、ドコモ、au、ソフトバンクは対応せず...。
早く対応してほしい。

WWDC 21が本日始まりました。
うっかり忘れて見落として朝気が付く...。(汗

2021-06-08 (4).png

バーチャルWWDCという事で参加者が...。

2021-06-08 (2).png

お約束というべきかiOS15(とファミリーOS)、macOS Monterey(macOS ver 12)が発表されました。

2021-06-08 (5).png

iOS 15は、なんと言っても対応iPhoneがiOS14と変わらない事。
つまり2015年に発売したiPhone 6s/iPhone 6s Plusもアップデート対象という事です。
Androidスマホでは発売して2年後にアップデートが終了する端末が多い中、iPhone 6s系は今年で6年目。

ios15.jpg

ただA12 Bionic以上を搭載したiPhoneのみの機能があります。
・空間オーディオにより、FaceTime通話の声がまるで画面上の相手の位置から発せられているように聞こえます。
・ビデオ通話に特化した設計のポートレートモードで、FaceTimeでユーザーは背景をぼかし、自分に焦点を当てることができます。
・デバイス上での音声認識により、Siriにリクエストする際の音声がデフォルトで完全にiPhone上で処理されるようになりました。

この事を考慮すると将来的に新しいハードウェアの最低ラインは、A12 Bionicを搭載したiPhone Xs、XR以降になるのではと感じました。
AirTagの「正確な場所を見つける」機能は、iPhone 11シリーズ、iPhone 12シリーズのみなので細かな所は最新モデルと違いがありそうです。

Apple_iPhone12Pro-iOS15-3up_060721.jpg

次にmacOS Montereyです。

2021-06-08 (9).png

Apple_macos-monterey_shortcuts-gallery_06072021.jpg

テレワーク時代に即した細かな改良が中心な感じですね。
M1 Mac移行途中なので、改良版に近いのではないのでしょうか。

ベータは開発者向けに公開されていますが、正直RCが出るまではテストは待ちかなぁ。

ミュージックプレイヤーとしてしているiPhone 5s等が今日になってアプリを起動するとすぐクラッシュする問題が発生中です。
5月19日追記 : AM7時時点で確認したところ、サーバー側の対策が行われた様子でクラッシュ発生は無くなりました。

IMG_0001.jpg

対象端末を調べた所、手元ではiOS 12.5世代のiPhone 6、iPhone 5s。iOS 10.3世代のiPhone 5でした。
iOS 9.3世代のiPhone 4sではクラッシュは発生しなかった為、iOS 10~iOS 12世代で発生している事になります。

IMG_0002.jpg

iOS 10以降で上記のアイコンの場合は、クラッシュする率が高いです。
赤いアイコンのiOS 14ではクラッシュは発生していません。

フライトモード、Wi-Fi OFFにしてアプリを起動するとアプリのクラッシュは発生せず曲も再生できました。
サーバー側の仕様変更が入り、iOS 10~12世代のMusicアプリにクラッシュが発生したと思われます。

明らかに旧端末ユーザーに大きな不便を与える場所なので早急に復旧してほしい所ですね。

iPhone 6のバッテリー交換

| コメント(0)

最近、スマホ屋さん状態みたいに。

iPhone 6の片方(元ジャンク品)が急激に最大容量が低下していたのでバッテリー交換する事にしました。

2021-05-15-10.08.jpg

Amazonで購入したDIGIFORCEの互換バッテリー「LPB-DIGI6」です。1580円也。
新品バッテリーを元ジャンク品につかうのはもったいないので
ミュージックプレイヤー用のもう1台を交換して、そのバッテリーを移植する形で行います。

2021-05-15-09.33.jpg

互換バッテリーのパッケージ内容。
色々とするたびに工具が増えています。(汗

2021-05-15-09.35.jpg

さて交換開始です。LEDライト付きのルーペを使って作業しています。

2021-05-15-09.38.jpg

iPhone 6世代は比較的開けやすい方です。
iPhone 7以降は防水仕様になっている関係でガラスとボディに
防水用の粘着剤が付いているので写真の様な吸盤だけでは正直開けるのが辛い。
iPhone 6は防水では無いので比較的楽に開けれます。

2021-05-15-09.40.jpg

バッテリーを接着している両面テープ(?)
横方向は剥がれやすいという素材になっています。
片方が途中で切れて、再利用するので傷まず剥がすのに難儀しましたが。

2021-05-15-09.49.jpg

新しいバッテリーを付けた状態。
閉めるときにTouch IDのケーブルを付けて完了です。

2021-05-15-10.03.jpg

バッテリーの状態ですが、最大容量が100%になりました。

2021-05-15-10.09.jpg

そしてもう1台に移植です。
こちらが84%のバッテリーです。
例の両面テープがないなぁと思っていたら、小さな両面テープで簡単に。

2021-05-15-10.11.jpg

そして移植したApple純正バッテリーです。

2021-05-15-10.15.jpg

バッテリーの最大容量は87%になりました。

2021-05-15-15.45.jpg

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.7.3

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちiPhoneカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはAndroidです。

次のカテゴリはアニメ・コミック・ゲームです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。